テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
魚々食紀 (ぎょぎょしょっき) : 古来、日本人は魚をどう食べてきたか
川那部浩哉著
-- 平凡社 , 2000 , 214p. -- (平凡社新書 ; 041)
ISBN : 新<9784582850413> , 旧<4582850413>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
蕪村さんが好物だった鮒鮨、では他に江戸時代のフナ料理とは?
平清盛さんが食べたスズキ料理とはどんなもの?
最も旨いマス・サケ類は?
ホンモロコが食べられなくなる?
ナマズ、ハモ、フグ、ボラ、カツオ、アユ、アンコウ等々について。
魚の生態学研究四十五年の先生が、「家が傾く」と呆れ顔の奥方を横目に、食い意地と古今の書物漫遊癖を駆使して綴った渾身の、いや絶品の魚食文化エッセイ。
第1章 フナいろいろ
第2章 スズキ、細鱗に包まれた美味
第3章 ナマズの沖すき
第4章 最も旨いマス・サケ類は?
第5章 エツとタウナギとタツノオトシゴと
第6章 ハモとフグ
第7章 正月のおせち—ごまめ・たづくり・ことのばら
第8章 ホンモロコの塩焼き
第9章 出世魚ボラとからすみ
第10章 左ヒラメの右カレイ?
第11章 江戸の華—初カツオ
第12章 アユ
第13章 アンコウは吊るし切り
第14章 ウナギの蒲焼き
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP