テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
世界遺産の森屋久島 : 大和と琉球と大陸のはざまで
青山潤三著
-- 平凡社 , 2001 , 254p. -- (平凡社新書 ; 101)
ISBN : 新<9784582851014> , 旧<4582851010>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
南の海原から独立峰のごとく屹立する山岳の島・屋久島。
そこは、亜高山帯の植物が茂る山稜から、太古の命宿る縄文杉の森、そして亜熱帯のマングローブが繁茂する海辺まで、日本列島と琉球列島、中国大陸の自然が凝縮し、かつ溶け合ったカオスの大地だ。
豊な水と森、巨岩に彩られた「不思議の島」をめぐり、特異なフロラとファウナに秘められた謎を解く。
第1章 もののけの島・不思議の島(不思議の島の人面巨岩;世界遺産の森を行く ほか)
第2章 “北琉球”としての屋久島(トーフ岩の歴史—屋久島の六〇〇〇万年を遡る;南西諸島の生物地理区分を考える)
第3章 フロラの多様性—屋久島の植物たち(ヤクタネゴヨウ—屋久島を代表するもう一つの針葉樹;北限のマングローブと隆起サンゴ礁 ほか)
第4章 ファウナの空白を探る—屋久島の動物たち(種類の少ない脊椎動物;屋久島と南西諸島のセミ)
第5章 三位一体の合わせ鏡—屋久島・種子島・トカラの自然を比べる(幻のウスバカンツワブキを求めて;バラン—北限の雲霧林と日本文化のふるさと)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP