テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
知っていそうで知らないフランス : 愛すべきトンデモ民主主義国
安達功著
-- 平凡社 , 2001 , 210p. -- (平凡社新書 ; 114)
ISBN : 新<9784582851144> , 旧<4582851142>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
近代民主主義の発祥の地フランス。
しかしその内実をのぞいてみると、かなりトンデモないことが…。
権利はたっぷりあっても義務はまるでなし?
頭を使うことはぜんぶエリートまかせ?
左翼も保守も汚職にまみれ、環境意識は希薄、人権概念もなんだかちょっと変わってる…。
それでもフランスという舞台はまわってゆく。
特派員がみつめた奇妙で愛すべき国の素顔。
ストと国民の義務
エリートとグランゼコール
「第三の道」あるいは反米意識
フランス人の環境意識
二回投票制はお好き?
第五共和制の矛盾「コアビタシオン」
こうして内閣は崩壊した
戦争責任と共和国
人権の母国フランスの現実
予審判事の孤独な戦い
地方自治、現実と矛盾
マルチカラーのフランス
家族あるいは非婚カップル、そして女性
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP