テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
法科大学院 : 日本型ロースクールとは何か
山田剛志著
-- 平凡社 , 2002 , 212p. -- (平凡社新書 ; 136)
ISBN : 新<9784582851366> , 旧<4582851363>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「法科大学院」は弁護士・検察官・裁判官を養成するための大学院で、アメリカのロースクールをモデルとして、実務教育を行うとされる。
法科大学院で学ぶことが司法試験合格の必要条件となり、二〇〇四年の開学を前に、司法試験受験者などに大ショックを与えた。
五〇年に一度といわれる大改革は、学生と大学・大学教員、さらに司法試験と法曹、そして日本社会をどう変えるのだろうか。
コロンビア大学ロースクール留学経験をもとに、法科大学院の実像と影響を大胆かつ具体的に予測する。
序章 法化社会の到来
第1章 日本の法曹養成の現状(法学部の現状—進む教養化;司法試験の現状—予備校は不可欠 ほか)
第2章 法科大学院構想(二〇〇四年開学の背景;入学試験はどうなるか ほか)
第3章 アメリカのロースクール—コロンビア・ロースクールを例として(ロースクールとは何か;入学試験に代わるアドミッション ほか)
第4章 法科大学院は日本社会をどう変えるか(司法制度改革のポイント;日本社会とアメリカ社会—性善説型システムと性悪説型システム ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP