テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
グローバリゼーションとは何か : 液状化する世界を読み解く
伊豫谷登士翁著
-- 平凡社 , 2002 , 204p. -- (平凡社新書 ; 150)
ISBN : 新<9784582851502> , 旧<4582851509>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
一九七〇年代以降、近代世界は新しい世界秩序への解体と統合の時代に入った。
国民国家に編成されてきた資本と労働と商品は、国境を越え、ジェンダーや家族の枠組みを壊し、文化と政治・経済の領域性や時空間の制約すら越境し、新たな貧富の格差の分断線を引き始めている。
あらゆる領域を越え、社会の再編を迫るグローバル資本。
その新たな世界経済の編成原理とは何か。
はじめに(時代を切り取るキーワード;二〇世紀という時代 ほか)
第1章 グローバリゼーションの課題は何か(用語としてのグローバリゼーション;「インターナショナル」から「グローバル」へ ほか)
第2章 時代としてのグローバリゼーション—空間と時間(グローバリゼーションのタイムスパン;グローバル—近代のメダルの表と裏 ほか)
第3章 グローバリゼーションをマッピングする(グローバリゼーションの場と対抗;グローバリゼーションを具体化する「場」 ほか)
第4章 グローバル資本の世界経済秩序—資本のフレキシビリティの回復(転換期としての一九六〇年代;多国籍企業の台頭 ほか)
第5章 グローバル化の脱統合と再統合(排除による新しい貧困;グローバル化によるローカルな空間の崩壊 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP