テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
戦後野球マンガ史 : 手塚治虫のいない風景
米沢嘉博著
-- 平凡社 , 2002 , 230p. -- (平凡社新書 ; 154)
ISBN : 新<9784582851540> , 旧<4582851541>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
戦後すぐから現在まで、少年たちを魅了し続けてきた野球マンガ。
井上一雄の「バット君」を出発点として、「背番号0」「ちかいの魔球」等。
そして梶原・川崎コンビの「巨人の星」は日本中を熱狂させた。
さらに「アストロ球団」、水島新司の作品群、「キャプテン」「タッチ」と多くの傑作を生み、今も読み継がれている。
手塚治虫が手掛けなかった世界を、少女誌、青年誌まで目配りして書き上げた、日本初の野球マンガ史。
第1章 戦後と野球と民主主義
第2章 野球マンガの本格的スタート
第3章 少年野球狂時代
第4章 梶原一騎のスポ根ブーム
第5章 七〇年代の名作群
第6章 ギャグとアンチヒーローへの転換
第7章 「タッチ」とスポーツマンガの多様化
終章 野球マンガは、永遠に不滅です!
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP