テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
腎臓放浪記 : 臓器移植者からみた「いのち」のかたち
澤井繁男著
-- 平凡社, 2005.11 , 189p. -- (平凡社新書 ; 300)
ISBN : 新<9784582853001> , 旧<4582853005>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
二十代、人工透析。
三十代、腎臓移植。
四十代、移植腎の不全・人工透析再開。
五十代、腹膜透析。
ルネサンス研究者である著者は、若くして腎臓を病み、以後肉体の理不尽に翻弄されつつ、いのちの"再生"を我がこととして、生きてきた。
そこで直面した生と死、身と心のかたちとは?
抽象的な「身体」でなく、生身の「肉体」を軸に、当事者の立場から"いのち"の倫理を考える。
第1章 腎臓移植を受けた者として(臓器移植体験者として;移植された臓器が死んだ日 ほか)
第2章 透析・移植医療あれこれ(摘出されなかった移植腎;体験者無視の不毛さ ほか)
第3章 「からだ」を見つめて(肉体の仮称性—身心と心身;毀形—「異状」という「生」 ほか)
第4章 他者からの視線(身障者の保険加入を拒む「病歴」;理不尽、その正逆 ほか)
第5章 「いのち」に向き合う(仏教者の視点;「こころ」と向き合う ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP