テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
核大国化する日本 : 平和利用と核武装論
鈴木真奈美著
-- 平凡社, 2006.8, 229p. -- (平凡社新書 ; 336)
ISBN : 新<9784582853360> , 旧<4582853366>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「核の平和利用」を進めるうちに、今や日本は「非核兵器国」で最大の核施設・核物質保有国となり、IAEAによる核査察では最重要国のひとつとなっている。
さらに二〇〇六年三月、六ヶ所村の核燃料再処理工場がプルトニウムを取り出す試運転に入った。
その一方、北朝鮮に触発されて、核武装論も台頭し始めている。
原発、核燃料サイクル、核兵器—次世代への責任として、核の利用の再考を促す。
第1章 日本は「非核兵器国」を選択した(核武装論の台頭;国際法による制約 ほか)
第2章 「核燃料サイクル」のキーワード(元素の誕生;原子 ほか)
第3章 「核拡散」のキーワード(核爆弾;核実験 ほか)
第4章 核兵器保有国の増殖(国際法上の「核兵器国」;核物質と核技術の拡散 ほか)
第5章 プルトニウム大国・日本(日本の「核燃料サイクル」開発;六ヶ所核燃料サイクル施設 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP