テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
大切に育てた子がなぜ死を選ぶのか? 
田中喜美子著
-- 平凡社, 2007.2, 212p. -- (平凡社新書 ; 360)
ISBN : 新<9784582853605> , 旧<4582853609>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
子どもたちが変だ。
自らを傷つける子、自ら命を絶つ子—。
日本の子どもたちはどうしてしまったのか?
三十年以上、「母と子」を見つめてきた著者の眼に映る、子どもたちの「生きる力」が衰えた理由。
「母子密着」の育児が、なぜ「生きる力」を失わせるのか。
第1章 「生きる力」を失った子どもたち(日本の不思議な幼児たち;子どもたちの「輝き」はどこに? ほか)
第2章 今も残る「甘やかし」の伝統(「母になる」ということ;「自信のなさ」を植えつける親 ほか)
第3章 「素直な子どもたち」のおそろしさ(生まれてはじめての赤ちゃん;子育てはバランス ほか)
第4章 ゼロ歳でだめにされる子どもたち(「少子化」という現実;子育てを「仕事」にする主婦たち ほか)
第5章 主婦が望む「幸せ」のかたち(日本人の「母性」はどこから来るのか?;子どもを持つ幸福 ほか)
最後に(政治は何を考えているのか;主婦と政治のもたれあい ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP