テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
死を想う : われらも終には仏なり
石牟礼道子, 伊藤比呂美著
-- 平凡社, 2007.5, 211p. -- (平凡社新書 ; 371)
ISBN : 新<9784582853711> , 旧<4582853714>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
寝たきりの母を持つ詩人は、死とはどういうものか知りたかった。
他の人にあけすけに聞けない、「でも石牟礼さんなら」。
これまで多くの苦しみと死を見つめてきた作家は、切実なことをぐさりと言われたような気がした。
こうして十二月の穏やかな日、二人は語りはじめた。
老いと病、介護・看護、家族の死、さらには『梁塵秘抄』。
そして「いつかは浄土へ」という祈りに至る安らぎの対話。
第1章 飢えと空襲の中で見たもの(パーキンソン症候群—読めなくなる、書けなくなる;声が出なくなるかもしれない ほか)
第2章 印象に残っている死とは(祖母の死;あの世は「良か所」 ほか)
第3章 それぞれの「願い」(『あやとりの記』—流々草花;お経はどこで習いましたか ほか)
第4章 いつかは浄土へ参るべき(『梁塵秘抄』を飛び飛びに読む;「我等も終には仏なり」 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP