テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
民営化で誰が得をするのか : 国際比較で考える
石井陽一著
-- 平凡社, 2007.7, 206p. -- (平凡社新書 ; 384)
ISBN : 新<9784582853841> , 旧<4582853846>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
グローバリゼーションのうねりの中、民営化は世界的な潮流となっている。
日本もその拒み得ない流れの中にあるのだが、今行われようとしているのは、不合理で不経済な「構造改悪」ではないのか?
この民営化で一体、誰が得をするのか?
何が問題か、「正しい歯止め」をどうかけるのか、国際比較で考える。
序章 民営化とは何か
第1章 小泉路線の道路と郵政の民営化
第2章 三公社民営化の成否
第3章 日本の手本となった国の民営化
第4章 世界の民営化の動き
第5章 民営化を検証する
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP