テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
第3次オイルショック : 日本経済と家計のゆくえ
永濱利廣, 鈴木将之著
-- 平凡社, 2008.11, 203p. -- (平凡社新書 ; 444)
ISBN : 新<9784582854442> , 旧<4582854443>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
現代は「石油依存社会」と言っても過言ではない。
だが、原油価格は過去二度のオイルショックを超える高水準を維持しながら、乱高下している。
まさに先行き不透明な状況下、今後われわれが直面しうるリスクとはどのようなものか。
原油と経済のかかわりを詳細に示し、日本経済と生活のゆくえを考える。之著 -- 平凡社, 2008.11, 203p. -- (平凡社新書 ; 444)
第1章 原油の価格変動と経済
第2章 原油価格はなぜ上がったのか(第2次オイルショックまでを振り返る;「第3次オイルショック」の時代;原油価格を変動させたさらなる要因;原油価格のこれから)
第3章 原油価格と企業(「エネルギー構成」からみる原材料の中の原油;原油と企業とマクロ経済;企業収益はどう変化するか;原油の価格変動の影響を試算する)
第4章 原油価格と家計(オイルショックと家計;原油価格と所得;労働市場と原油の関係;原油価格の変動と家計はのインパクト;家計はの負担を試算する)
第5章 あらたなオイルショックの時代に(グローバル経済と原油;日本が直面するリスク;原油高の時代になすべきことは)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP