テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
フーゾク進化論
岩永文夫著
-- 平凡社, 2009.3, 259p. -- (平凡社新書 ; 456)
ISBN : 新<9784582854565> , 旧<4582854567>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「フーゾクは進化している。
まるで生き物のように」。
敗戦直後のRAAから出発したニッポンの戦後フーゾク。
パンパン、赤線からソープ、ピンサロ、ノーパン喫茶、ファッションヘルス、ホテトル・マントル、出会い系サイト…。
法の規制をくぐりぬけて、業界はしぶとく生きてきた。
この道三〇年になんなんとするベテランが、取材をもとに書き下ろした一大絵巻。
第1部 戦後フーゾクの誕生—敗戦から赤線廃止まで(RAAから始まる;パンパンと敗戦の風景;進駐軍の本音と建前;公娼制度の廃止と生き残り策;赤線が戦後フーゾクの枠組みを作った;一九五〇年代フーゾクの新しい波、アルサロ)
第2部 フーゾクの開花と進化—六〇・七〇年代の高度成長(戦後フーゾクの代表・トルコ風呂;店名にみるトルコ風呂の進化;浜松に生まれたステッキガール;アルバイト料亭;ネーミングで誘ったパンマ;新宿二丁目で流行したヌードスタジオ;ピンサロのサービス競争と全国への拡大)
第3部 ニューフーゾクの拡大—新風営法以後の新商法(ノーパン喫茶、のぞき部屋の衝撃;紹介系ニューフーゾク—ホテトル、マントル、交際クラブ;健康系ニューフーゾク—ファッションヘルス、性感マッサージ;新しい出会いを作るフーゾク—パーティ系、テレクラ、出会い系サイト)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP