テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
秀吉を襲った大地震 : 地震考古学で戦国史を読む
寒川旭著
-- 平凡社, 2010.1, 277p. -- (平凡社新書 ; 504)
ISBN : 新<9784582855043> , 旧<4582855040>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
天下統一の前後、豊臣秀吉は大地震に襲われた。
大坂に逃げ帰った天正地震、城が倒壊した伏見地震—。
しかしこれは遠い昔のことではない。
大地震が続いた秀吉の時代と同じく、私たちも、活断層が活発な「内陸地震の時代」に生きているのだ。
「地震考古学」で読み解く、大地に刻まれた「地震」と「人間」の歴史。
第1章 天正地震と武将たち
第2章 大地が語る天正地震
第3章 地震のはざまの天下統一
第4章 伏見城の鯰、暴れる
第5章 伏見地震を引き起こした活断層
第6章 液状化現象の痕跡を読む
第7章 遺跡に残る地割れと地滑りの跡
第8章 地震後の秀吉と豊臣家
第9章 連動する大型地震
終章 現代と将来の地震
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP