テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ネオ階級社会はここから始まった : 1974年、見過ごされた転換点
葛岡智恭著, 林信吾著
-- 平凡社, 2010.9, 205p. -- (平凡社新書 ; 545)
ISBN : 新<9784582855456> , 旧<4582855458>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
一九七四年は、日本社会の転換点となるべき年であった。一九七三年のオイルショックを乗りこえ、その翌年、日本経済は世界に先駆けてV字回復を遂げたかに見えた。しかし、高度経済成長の記憶から離れられなかった当時の日本人は、「日本型」「日本人独自の」「日本らしく」といったやり方で危機を乗りこえられると思い込み、転機を見過ごしてしまったのだ。いかにして「会社主義」「総中流神話」が崩壊し、ネオ階級社会が広がっていったのかを検証する。
第1章 この国の「戦後」のかたち
第2章 「会社主義国」ニッポン
第3章 夢の時代の終焉
第4章 それでも日本人は戦争から目をそらした
第5章 「みんな中流」だったのか
第6章 「日本型」の幻影を断て
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP