テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
小栗上野介 : 忘れられた悲劇の幕臣
村上泰賢著
-- 平凡社, 2010.12, 231p. -- (平凡社新書 ; 561)
ISBN : 新<9784582855616> , 旧<458285561X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
安政七(一八六〇)年一月、この時三十四歳だった小栗は、遣米使節の目付として、日米修好通商条約批准のため渡米。世界を一周し九ヶ月後に帰国。その後、混乱のさなかにあった幕末期に、勘定奉行や外国奉行などの要職を歴任し、日本の構造改革に奔走した。しかし、幕府解散で上州権田村に移り住んでからわずか二ヶ月後、西軍により罪なくして斬られ、歴史の闇に葬られてしまった。司馬遼太郎が「明治の父」と評した最後の幕臣の苛烈な生涯。
第1章 日本人初の世界一周-四万キロの旅(アメリカへ
熱狂で迎えられた使節一行 ほか)
第2章 幕末期の構造改革(変わり果てた祖国の姿
造船所からの日本改造)
第3章 経済による立て直し(日本人初の経済外交
日本最初の株式会社)
第4章 上州に夢をはせて(勝気だった幼少時代
夢の半ば…)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP