テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本人と不動産 : なぜ土地に執着するのか
吉村愼治著
-- 平凡社, 2011.2, 220p. -- (平凡社新書 ; 572)
ISBN : 新<9784582855722> , 旧<4582855725>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
土地所有の歴史、都市計画、住宅政策、不動産格差など、不動産を通じて明日の日本社会を考える。
序章 国と家計のバランスシート(日本では、家計が国の尻拭い
バランスシートで見てみると
いつか来る、本当の「尻拭い」の時)
第1章 日本の街は、なぜ汚いのか(日本の街は、汚いか
なぜ都市計画が必要なのか
日本的な「都市計画」の特徴
環二、環八、成田-遅れる都市施設の整備
シンガポールと中国-二つの華人国家
日本の都市計画-現状と展望)
第2章 土地所有のルーツを探る(日本の土地は誰のものか
土地「私有」のはじまり
武力による土地の奪い合い
江戸時代(近世)から明治維新へ
近代国家と土地所有権のルーツ)
第3章 「不動産格差」-持ち家政策の功罪(持ち家と借家を巡る制度と政策
「土地神話」時代の不動産格差
金ドル本位制の崩壊と混乱の時期
バブルの崩壊と"Negative Equity"
日本の住宅政策)
第4章 グローバル時代の不動産(グローバリゼーションと不動産価格
「マネー」「資本」、そして金融の機能
グローバル時代の「日本人と不動産」)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP