テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
科学コミュニケーション : 理科の"考え方"をひらく
岸田一隆著
-- 平凡社, 2011.2, 261p. -- (平凡社新書 ; 573)
ISBN : 新<9784582855739> , 旧<4582855733>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
科学の専門家と一般の人をつなぐ-そんな試みが、いま世界中で行われている。だが、なぜ科学と向き合う必要があるのだろうか。そもそも、どうして科学はわかりにくいのか。"人間"と"科学"を改めて見つめ直すなかで、科学と、科学とともに歩むことの意味を考える。
第1章 科学コミュニケーションとは何か-情報伝達と共感・共有の違い
第2章 物理学が難しい理由-人間の脳と思考の傾向
第3章 アダムとイブの子孫としての私たち-進化による考え方の形成
第4章 合理と神秘の間に揺れてきた歴史-科学という強力な道具
第5章 科学への向き合い方-文と理の分裂の地域差
第6章 第三の方法へ向けて-共感・共有のための可能性
第7章 バベルの塔-人類と科学の責任
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP