テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
原発推進者の無念 : 避難所生活で考え直したこと
北村俊郎著
-- 平凡社 , 2011.10 , 263p. -- (平凡社新書 ; 609)
ISBN : 新<9784582856095> , 旧<4582856098>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
ながらく原子力推進の仕事に携わってきた著者は、福島第一原発から七キロ、温暖で暮らしやすい富岡町に家を構えた。そして3.11、東日本大震災と原発事故-。突然の避難指示と、改善の進まぬ避難所生活を強いられるなか、原発によって、周辺住民がこんな目にあってはならないと、推進してきた者として、身に沁みて感じるようになる。原子力政策、体制の問題を指摘してきた著者が、関係者として責任を感じつつ、その内実を語る。
第1部 原発事故に遭う(震災、原発から逃げる
避難所ビッグパレット
避難所で考えたこと)
第2部 原発を考える(知られざる原子力の世界
原子力と安全
致命的なリアルさの不足
原子力の本当の怖さ
原発の条件
原子力関係者の責務
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP