テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本人はどんな大地震を経験してきたのか : 地震考古学入門
寒川旭著
-- 平凡社 , 2011.11 , 259p. -- (平凡社新書 ; 614)
ISBN : 新<9784582856149> , 旧<4582856144>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
地震といかに付き合っていくか。これは、日本に暮らすすべての人の課題です。『日本書紀』の昔や、それ以前からの地震を知ること、貞観地震と東日本大震災とを結びつける知識を得ることは、未来に起こるであろう災害に備える力を私たちや、その子供たちが得ることに他なりません。日本人と地震の歴史を知り、経験と知識を「知恵」に変える。
第1章 地震はどうして起きるのか(世界の地震
プレートの運動と巨大地震 ほか)
第2章 地震によるさまざまな災害(地震による被害
液状化現象とは ほか)
第3章 繰り返す海溝型巨大地震-地震考古学で読み解く1(日本書紀と南海地震-大和政権を驚かせた地震と大津波
空白の地震を探る-海溝型巨大地震の二〇〇〇年史 ほか)
第4章 活断層地震に襲われた人々-地震考古学で読み解く2(記録に残る最古の地震-発掘調査で存在を証明
菅原道真を悩ませた地震-貴族たちの震災体験 ほか)
終章 地震の過去・現在・未来(地震とナマズと日本人
連動する巨大地震 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP