テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
中東和平構想の現実 : パレスチナに「二国家共存」は可能か
森戸幸次著
-- 平凡社 , 2011.12 , 246p. -- (平凡社新書 ; 617)
ISBN : 新<9784582856170> , 旧<4582856179>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
世界中で噴出する国際紛争。そのなかでも最も根が深く、長きにわたり未解決のままであるパレスチナ問題。その主役として国造り運動を率いてきたアラファト。四〇年におよぶ彼の軌跡を追い、中東百年紛争のなかではたした歴史的役割を描く。「二国家共存」の思想・構想はどのようにして生まれ、これからどのような展望がありうるのだろうか。
第1章 「二国家共存」構想の源流
第2章 パレスチナ民族主義運動の系譜
第3章 ポスト冷戦下の中東紛争
第4章 和戦の岐路に立つ中東
第5章 アラブ民主革命の深層
第6章 パレスチナの政治力学
第7章 パレスチナ自治の現実
第8章 米国と中東紛争
終わりに 中東紛争の行方
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP