テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
国家が個人資産を奪う日
清水 洋著
-- 平凡社 , 2013.5 , 188p. -- (平凡社新書 ; 681)
ISBN : 新<9784582856811> , 旧<4582856810>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
年間三万人前後を推移する自殺者、下落し続ける地価、いっこうに回復基調に戻らない実体経済…。アベノミクスは本当に国民の生活を豊かにしてくれるのか?近い将来に国債暴落、ハイパーインフレが起こるという著者が、国家があらゆる手段を使って、「国民の個人資産を奪いにくる日」への警鐘を鳴らす。長期化するデフレに有効な提言も含め、階層別に「その日」に備えた資産防御法を説く。
序章 資産デフレの解消こそ、経済復活の道;
第1章 グローバル大競争にそぐわない「日本」というシステム;
第2章 「債券バブル崩壊」―財産収奪が始まる;
第3章 サラリーマン世帯を襲う「財産収奪」;
第4章 富裕層を狙う「財産収奪」;第5章 国家に財産を奪われないために
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP