テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
桜がなくなる日 : 生物の絶滅と多様性を考える
岩槻邦男著
-- 平凡社 , 2013.6 , 215p. -- (平凡社新書 ; 686)
ISBN : 新<9784582856866> , 旧<4582856861>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
毎年春になると華麗に咲き競い、日本列島を彩る数々の桜。その姿が消えてなくなるなど、杞憂と思われるかもしれない。しかし、桜の未来を現状からだけで推測していいものか。生物は、一種一種が勝手に生きているのではなく、長い歴史を背負って、相互に直接・間接的な関係を保ちながら生きているのだ。わたしたちの身近に存在する植物の現状を知ることが、生物多様性を知るための、第一歩となるだろう。
第1章 危険な状態の植物たち;
第2章 生物多様性とは何か;
第3章 多様性がもたらしてきたもの;
第4章 身近な環境を正しく理解する;
第5章 日本人の桜への想い;
第6章 自然と共生してきたわたしたち
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP