テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
遺品整理士という仕事
木村榮治著
-- 平凡社 , 2015.3 , 202p. -- (平凡社新書 ; 767)
ISBN : 新<9784582857672> , 旧<4582857671>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
故人の部屋を片づける大事な「遺品整理」。だが、社会の高齢化や家族のありかたが変化する中で、遺族が行うことが難しくなってきている。そこで、遺族の心に寄り添い、よい「お別れ」を助けるプロフェッショナル、「遺品整理士」の仕事が脚光を浴びている。整理するのは、「もの」だけではない。「心」だ。遺族の思い出を守る、その仕事の神髄。
第1章 無法地帯に投げ込まれる遺品を救え(遺品整理士はコーディネーター
本来なら遺族が行うはずの遺品整理 ほか)
第2章 遺品整理士の正しい仕事(実際の仕事ぶりから
遺品整理のその後―供養される遺品たち ほか)
第3章 今から備える遺品整理(多くの人が感じている「生前整理」の必要性
施設に移る際の整理も増えている ほか)
第4章 よい遺品整理とは(遺品整理をプロに頼むということ
金・もの・心のトラブルに発展させないために ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP