テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「個人主義」大国イラン : 群れない社会の社交的なひとびと
岩崎葉子著
-- 平凡社 , 2015.9 , 271p. -- (平凡社新書 ; 786)
ISBN : 新<9784582857863> , 旧<4582857868>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
成員個々の力の総和以上を効率的に実現すること、それを可能にするのは連携・協力のための組織化である。だから、組織に属し、組織に従うのは当たり前―このニッポンの常識は、イランでは通用しない。ひとびとはみな独立独歩を好み、非効率など意に介さず、いたるところで猛烈な社交力を発揮して交渉する。群れないけれどけっして孤独ではない「個人主義」、ここはまるで別の社会、別の生き方を提示する。
第1章 グローバリズムの蚊帳の外
第2章 「一人でもできる」システム
第3章 テヘラン暮らし
第4章 ひとヤマ当てに広州へ
第5章 開かれた市場
第6章 頼られてこそ、人生だ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP