テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
安倍晋三「迷言」録 : 政権・メディア・世論の攻防
徳山喜雄著
-- 平凡社 , 2016.01 , 234p. -- (平凡社新書 ; 802)
ISBN : 新<9784582858020> , 旧<4582858023>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
「早く質問しろよ!」「国民の理解が深まっていない」「全く正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」政治家に失言や暴言はつきものだが、かつてこれほど「迷言」を吐く首相がいただろうか。自分に対する批判は「レッテル貼り」「デマゴーグ」。一方で自らが発する暴言は「言論の自由」。安保法制、戦後70年談話などをめぐる「アベ流言葉」を通して政治・言論状況を読む。
第1章 安保法制をめぐる首相の「迷言」(「私は総理大臣なんですから」
ポツダム宣言を読まずに「戦後レジームの脱却」 ほか)
第2章 戦後70年「安倍談話」を検証する(読売までも首相と一線を画す
「未来志向の談話」 ほか)
第3章 報道を分裂させる権力中枢(テレビ局へ「公平中立」を求める要望書
大手メディアへの警戒心 ほか)
第4章 祖父ゆずりの憲法観と歴史認識(「96条の先行改正」で改憲
特定秘密保護法案の成立に専念 ほか)
第5章 東京オリンピック騒動と原発(相変わらずの断言調
槇文彦氏が五輪メーン会場案に異議 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP