テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
クー・クラックス・クラン : 白人至上主義結社KKKの正体
浜本隆三著
-- 平凡社 , 2016.10 , 223p. -- (平凡社新書 ; 827)
ISBN : 新<9784582858273> , 旧<4582858279>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
一九世紀半ば、南北戦争直後にアメリカ南部で組織された、白人至上主義結社クー・クラックス・クラン。一九二〇年代、会員数は数百万人に達したといわれ、現在でも、全米で五〇〇〇人が「クラン」と名のつく組織に所属しているといわれる。なぜ、クランの火種は燻りつづけるのか。世界的に排外主義の潮流が強まるなか、KKK盛衰の背景とメカニズムを考察する。
第1章 ポピュリズム政治の源流―トランプ現象とクー・クラックス・クラン
第2章 秘密結社大国アメリカ
第3章 クー・クラックス・クランの誕生
第4章 近代化への抵抗のなかで―黒人差別社会の成立
第5章 転換期の排外主義とアメリカニズム
第6章 白装束集団の正体―第二期クランの実像と虚像
第7章 公民権運動から現代まで―第三期クランの波とその後
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP