テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
謎の女帝・持統 : 日本初の女性天皇
関裕二著
-- KKベストセラーズ , 2002 , 238p. -- (ベスト新書 ; 35)
ISBN : 新<9784584120354> , 旧<4584120358>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
古代史上最大の争乱—壬申の乱。
しかし、この乱とて天智vs天武両王朝の長きにわたる壮絶な戦いの一ページにしかすぎない。
乱の勝利後、いったんは政権を掌中にした天武側であったが、裏切り者の手により罠に嵌められ、その座を追われた。
天武朝を売ったのは…誰あろう、天武天皇の妻、持統である。
夫を捨て去ってまで手に入れなければならなかった王権の座。
彼女の飽くなき執念が古代史を変えてゆく。
第1章 持統天皇という女傑(なぜ、持統天皇は即位できたのか?;持統即位に致命的な悪条件 ほか)
第2章 大津皇子の謀反が語ること(『万葉集』が語る持統の天武への愛;天武の愛情の行方 ほか)
第3章 正史ではなく木簡が語る真実(持統の選んだ道;持統に対する歴史的評価 ほか)
第4章 藤原氏に葬られた女帝(神話として消し去られた実像;アマテラスは持統そのものだった! ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP