テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
社員を働かせてはいけない
蛭田敬子著
-- ベストセラーズ, 2008.2.20, 202p. -- (ベスト新書)
ISBN : 新<9784584121757> , 旧<4584121753>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
手に職がつくと思えば、勤務が過酷でも、給料が安くても文句をいわず働く若者は多い。
ポイントは「手に職がつく」だ。
手に職があれば将来も安心だと思う。
だからお金を払って専門学校に行ってまで働く。
若者を辞めさせないひとつのピントがここにある。
手に職がつく—「キャリアアップ」は、若者が聞きたい、魔法の言葉になる。
キャリアアップできる仕事であれば、若者は我慢して働くことができる。
実社会では、資格より職務経歴のほうを重視する。
そのことを説明して、職歴を大切にして、自分のできることを増やしていくことの重要性を教える必要がある。
若者を「働かせて」はならない。
自分が「働きたいから働いている」と感じさせなければならない。
「働かされる」から「この職場で働きたい!」
へ。
できる若者を3年で辞めさせない方法。
第1章 新人類「不戦人間」の誕生
第2章 なぜ若者は辞めるのか
第3章 会社は何をするべきなのか
第4章 「キャリアアップ」を絵にして考える
第5章 他人を知る、自分を知る
第6章 ああ、上司の勘違い
第7章 上司の仕事って何?
第8章 経営者は教育者である
第9章 社員を「働かせて」はいけない
第10章 女性が近未来の救世主!?
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP