テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
国益奪還
前田充浩著
-- アスキー, 2007.3.27, 231p. -- (アスキー新書
ISBN : 新<9784756148858> , 旧<4756148859>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
先進諸国が集う国際会議の場において30有余年にわたって執拗に繰り返されてきた「日本叩き」は何故に行われたのか。
日本は何故にそれに対抗し得なかったのか。
此処に詳らかにする敗北の過程と敗因を知り早急に対抗措置をとらねば、日本は永遠に世界の国々から搾取され続けていく事になる—。
勝つための秘策が此処にある。
はじめに—国益を左右する開発援助の現実論(現実論的思考
国益追求の主張 ほか)
第1章 開発援助と国益(叩かれる新興国・日本
円借款 ほか)
第2章 世界システムと中核諸国間競争(研究方法とモデル
世界システムと国際会議の交渉戦術)
第3章 悲劇の日本—敗北の連鎖(一般アンタイド化原則とLDCアンタイド—「第1敗北」1970年
OECDアレンジメント成立—「第2敗北」1978年 ほか)
第4章 日本らしい開発援助政策「脱ODA」のススメ(「合わせ技一本」
膨大なインフラ建設需要から目を背けてはならない ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP