テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
Google vs セカンドライフ : 3Dウェブ仮想社会の覇権争い
山崎秀夫著
-- アスキー, 2007.10, 190p. -- (アスキー新書 ; 033)
ISBN : 新<9784756150424> , 旧<475615042X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
セカンドライフを代表とする3Dウェブ仮想社会が提供する技術により、新たなビジネスモデルが誕生する。
既存の著作権型収益モデルが崩壊し、広告型収益モデルへ変換される。
ウェブ2.0の覇者Googleが参入すれば、3Dウェブ仮想社会で新たな戦いが始まるだろう。
そうした新時代の中、日本企業が勝つための企業戦略とは何かを考える。
第1章 グーグルのメタバース進出への可能性(グーグルvsセカンドライフになるか?;グーグルはいつ仮想空間に参入するのか?)
第2章 インターネットを利用したマーケティングの現状(テレビからインターネットへ広告がシフトする時代—日本と欧米の広告の現状について;広告を出稿する企業側の意識もインターネットにシフト ほか)
第3章 セカンドライフにおけるビジネス利用の可能性(セカンドライフのビジネス利用の可能性—日本企業と欧米企業、広告展開やビジネス利用の現状;セカンドライフのビジネス利用について ほか)
第4章 欧米企業のセカンドライフビジネス活用(集客的に成果を上げているMTV;セカンドライフをビジネスに活用するIBM ほか)
第5章 セカンドライフの今後の可能性—日本企業はどうするべきか?(日本企業のセカンドライフに対する対策;今後普及していくメタバースで重要となる企業戦略 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP