テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
外国人問題弁護ノート : 弁護士が綴る、国際化社会・日本で暮らす外国人たちの葛藤
石田武臣[ほか]著
-- アルク , 1999 , 205p. -- (アルク新書 ; 19)
ISBN : 新<9784757401570> , 旧<4757401574>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
地域社会の国際化が進む現在、守られるべき人権とは。
夢と憧れを抱いてやってきたニッポンで、さまざまな壁にぶつかってしまう外国人たち。
そんな彼らを長年にわたって支え続けてきた弁護士たち。
ここに記された一つひとつの出来事は、真の国際化社会とは何か、を問いかけている。
第1章 日本は外国人に優しいか(中学校に行きたい—少年の「定住者」認定をめぐって;「少し、ブルーな気分」—女子高校生に突きつけられた強制退去命令 ほか)
第2章 外国人と日本人をつなぐ絆(何かをふっきて—日本で結婚できなかった二人;兄と妹—母親の祖国は、子どもたちの異国 ほか)
第3章 日本に夢をかけた女性たち(駆け込み寺からのメッセージ—「女性の家・サーラー」に来る外国人女性;駆け込み寺からのメッセージ—人身売買の実態 ほか)
第4章 外国人に立ちふさがる壁(日系人たちの日々—祖父母の生まれた国で;ガーナ人の死—労働者を死に至らしめたもの ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP