テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ビンラディンのイスラム教とユダヤ教、キリスト教
神辺四郎著
-- 宝島社 , 2002 , 261p. -- (宝島社新書 ; 172)
ISBN : 新<9784796627627> , 旧<4796627626>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
なぜ「中近東」は「紛争の地」なのか?
日本人にはわかりにくい宗教紛争の理由を解説。
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教をめぐる大疑問がいっきに氷解。
第1章 「疑問」を解く鍵は『旧約聖書』にあった!(同じ「聖書」といっても『旧約聖書』は本当はキリスト教の正典なんかじゃない?;日本人にとっては八百万人もいる神が、西洋人にとってはたった一人だけって本当?;西洋人の信じている「神」は、実は中東のすごくローカルな神でしかない?;「日曜日」は、キリストが生まれるはるか以前の、紀元前から決まっていた? ほか)
第2章 『新約聖書』がわかれば、世界が見えてくる!(『新約聖書』はユダヤ教未公認の、キリスト教だけにしか通用しない「聖書」?;「福音書」の内容はほとんど同じなのに、わざわざ四種類も作ったのは、なぜ?;キリストのあの哀しげな顔も細い身体も、西洋の芸術家たちの想像の産物でしかない?;イエス・キリストも十二人の弟子も、また、あの「ユダ」もユダヤ人だった? ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP