テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
なぜ日本は、精神科病院の数が世界一なのか
織田淳太郎著
-- 宝島社 , 2012.10, 221p. -- (宝島社新書 ; 353)
ISBN : 新<9784796695923> , 旧<4796695923>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
全世界185万床の約5分の1、実に約35万もの病床を保有する日本の精神医療。脱収容化が進む先進国の中にあって、なぜ日本だけがこれほどまでの病床を保有し続けているのか。あまりにも多い病床を埋めるべく、「寝たきり」ではなく「寝かせきり」にされる世の認知症高齢者たち。そして、病院の経営維持のため長期入院を強いられ、人生そのものを台無しにされた、夥しい数の「入院加療の必要のない人びと」。先の大震災では、多数の高齢者の死や1カ月にわたる遺体の院内放置など、改めて精神医療現場の杜撰な体質が浮き彫りとなった。患者の人権を無視した日本の精神医療が抱える“病巣”に鋭く切り込んだ一冊。
第1章 3・11―そのとき、入院患者は(精神科病棟への面会;半年ぶりの再会 ほか);第2章 精神医療の元凶「保護者制度」(夥しい数の社会的入院者;世界的にも異常な数字の日本 ほか);第3章 患者が病院の固定資産にされるカラクリ(「斜陽のイギリスから学ぶものは何もない」;病院による強権支配体制の恐怖 ほか);第4章 抑圧された収容生活からの脱却(“殺人病院”を訪ねて;大和川病院の暴力体質 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP