テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
世界の富の99%はハプスブルク家と英国王室が握っている
真田幸光著
-- 宝島社 , 2012.3, 223p. -- (宝島社新書 ; 339)
ISBN : 新<9784796696708> , 旧<4796696709>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
なぜ、現在アメリカが世界を支配できているのか。その裏側には何があるのか。英国一の財閥は、実は英国王室であり、いまだにヨーロッパ大陸の貴族の称号はハプスブルク家が与えているという。ロスチャイルドは王家と結びついて初めて財産をなした。世界の財閥の頂点に立つハプスブルク家と英国王室。彼らはどのように世界を支配しているのか。彼らの覇権の歴史から現代の世界の仕組みまで、真田信繁の子孫であり、元独系ドレスナー銀行東京支店・企業融資部長であり、愛知淑徳大学ビジネス学部教授の真田幸光氏が大胆に解説する。
序 「世界の本当の仕組み」と日本の進むべき道
第1章 巨大な力
第2章 ハプスブルク家と英国王室
第3章 アメリカ覇権の隠されたシステム
第4章 中国が覇権をとれない理由
第5章 ものづくり大国が世界支配を打破する!
付録 大胆見解・この20年間で見る世界の潮流
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP