テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
2大政党制は何をもたらすか : 日本大変革への道
川上和久著
-- ソフトバンククリエイティブ, 2006.9, 229p. -- (ソフトバンク新書 ; 019)
ISBN : 新<9784797336740> , 旧<4797336749>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
様々な問題を抱えながらも、日本は2大政党制への道を進みつつある。
緩やかではあるが確実なその流れは、私たち国民にどんな影響をもたらすのか—。
日本の政治体制の変遷や海外各国の状況をもとに、2大政党制のメリットと課題を検証。
理想的な形で機能させるために政党が、メディアが、そして国民がどのように行動すればよいかを考察していく。
まさに将来へのターニングポイントにある今、必読の書。
第1章 日本は今、なぜ「2大政党制」に向かいつつあるのか(「2大政党制」とは何か;現在の日本の政治体制は何制なのか ほか)
第2章 「2大政党制」になると、日本はどう変わっていくのか(私たち国民の投票行動だけで政権交代を実現できるようになる;政策は大筋で似てくるため、差別化が図りにくくなる ほか)
第3章 現在の自民党と民主党で「2大政党制」は実現するのか(「小選挙区制」実施以来4回の総選挙で、流れはこう変わってきた;「小選挙区制」になってはっきり見えた、集票組織の弱体化 ほか)
第4章 私たち日本国民はどう考え、どう行動すべきか(「2大政党制」時代に求められるリーダーとは、どのような人物か;「2大政党制」時代の政党が果たすべき役割とはどのようなものか ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP