テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
メタボの罠 : 「病人」にされる健康な人々
大櫛陽一著
-- 角川SSコミュニケーションズ, 2007.10, 175p. -- (角川SSC新書)
ISBN : 新<9784827550023> , 旧<4827550026>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
「ウエスト周囲径、男性85センチ、女性90センチ以上は要注意」。
この病理学的根拠のない数値は、今、国際的な批判にさらされている。
しかしなぜ、厚労省はこれを引っ込めないのか。
それには理由がある。
2008年度から特定健診という、「メタボ狩り」制度が義務化されるからだ。
日本人はそんなにやせなくてはならないのか?
否、日本人はややメタボな体型の人が最も長生きするというデータがある。
「メタボ撲滅運動」は、製薬会社と厚労省が結託した金儲け運動ではないのか?
産官学の癒着が生んだ「メタボ撲滅」といういびつな運動の真実を明かす驚愕の書。
第1章 メタボリックシンドロームという嘘
第2章 産官学の癒着が生んだメタボ撲滅運動
第3章 「ちょいメタ」が最も長生き
第4章 捏造されたウェスト周囲径
第5章 高血圧より降圧治療が危険
第6章 コレステロールは大切な脂質
第7章 やせていても糖尿病になる
第8章 自分の体は自分で守ろう
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP