テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
カレーライスの謎 : なぜ日本中の食卓が虜になったのか
水野仁輔著
-- 角川SSコミュニケーションズ, 2008.5, 171p. -- (角川SSC新書 ; 040)
ISBN : 新<9784827550405> , 旧<4827550409>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
1950〜60年代の高度成長期に新しい"おふくろの味"として食卓の主役に踊り出してから、長年にわたって日本人が夢中になり続けている料理、カレーライス。
インド料理のカレーとは、似て非なるこの"日本料理"は、いったい誰が生み出し、どのように広まっていったのか。
カレーの語源、カレー伝来のエピソード、カレールウとレトルトカレーの製造秘話、カレーに含まれる旨み成分の中身など、カレーライスの謎が今明かされる。
第1章 カレーライスの正体(カレーライスの魅力;カレーの語源)
第2章 カレーライスの歴史(日本人とカレーの出会い;ヨーロッパ人とカレーの出会い;日本カレー文化の黎明期)
第3章 カレーライスの革命—国民食への歩み(日本独自のカレールウの誕生;即席カレー市場をめぐる攻防;日本の製造技術が生んだレトルトカレー)
第4章 カレールウの謎(カレールウの分解;スパイスの常習性とそれを操るテクニック;カレーのコクってなんだ?)
第5章 カレーライスの将来(おふくろの味からの脱却と変化の兆し;カレーはどこへ向かうのか?)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP