テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
エコ・テロリズム : 過激化する環境運動とアメリカの内なるテロ
浜野喬士著
-- 洋泉社, 2009.3.21, 223p. -- (新書y)
ISBN : 新<9784862483034> , 旧<4862483038>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「エコ・テロリズム」とは一体何なのか?
過激な反捕鯨運動、動物実験関連企業や研究者への執拗な脅迫・襲撃、自然開発業者の関連施設への放火、バイオ関連企業への爆弾攻撃…。
「環境保護」や「動物愛護」を理由とした暴力事件が近年続発し、欧米では大きな社会問題となっている。
ラディカル環境・動物解放運動の歴史と思想的背景を読み解いていくと、戦争によって独立を勝ち取り、奴隷解放・公民権運動によって権利を勝ち取ってきた、「アメリカ」の真の姿が浮かび上がってくる。
第1章 エコ・テロリズムとは何か(続発するエコ・テロリズム
エコ・テロリズムとは何か)
第2章 ラディカル環境運動と動物解放運動(グリーンピース
シー・シェパード ほか)
第3章 思想史的背景(直接行動主義的環境運動の源流
動物の権利 ほか)
第4章 アメリカにおける反エコ・テロリズム(反エコ・テロリズムの源流
エコ・テロリズム関連立法)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP