テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
暴走するセキュリティ
芹沢一也著
-- 洋泉社, 2009.3, 189p. -- (新書y ; 211)
ISBN : 新<9784862483683> , 旧<4862483682>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
過剰な不安が不幸な社会を招く!
凶悪犯罪から子どもの安全を守るため、監視カメラや防犯パトロールなど、いたるところに防犯システムが張りめぐらされている。
だが、人の生命が犠牲になるような事件は、まったく増えてなどいない。
変わったのは、ありもしない「治安悪化」に怯え、過剰なセキュリティを求める社会のあり方である。
実体のない不安が厳罰意識を肥大化させ、誰もが不審者とされる相互不信を招いている。
第1章 凶悪犯罪者たちへの共感と恐怖(宮崎勤事件の"前"と"後";アキバ通り魔事件とロスジェネ)
第2章 少年法と刑法三九条をめぐる困難(「凶悪化する少年たち」というウソ;刑法三九条の罪 ほか)
第3章 セキュリティが長閑な日常を破壊する(過剰な防犯意識、悪化する体感治安;痴漢冤罪事件と監視カメラ)
第4章 暴力の排除が生み出す厳罰社会(「善」なる被害者、「悪」なる加害者;暴力に回帰する権力と死刑)
特別対談 暴走する民意と権力(萱野稔人×芹沢一也)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP