テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
公務員の「壁」 : 官民合流で役所はここまで変わる!
中野雅至著
-- 洋泉社, 2010.7, 222p. -- (新書y ; 239)
ISBN : 新<9784862485519> , 旧<4862485510>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
民間では雇用への不安感が絶えずくすぶる一方で、バッシングに怯える公務員―その数、国家公務員65万人、地方公務員285万人にのぼる。身分保障・給与・社会的地位…官民で働き方や労働条件があまりに乖離しているため、冷静な議論や判断ができなくなっているのが現状だ。不毛な対立を乗り越え、お互いの役割を理解するために官民合流を促進させる必要がある。日本人ならば誰でも一生のうちに、公務員とサラリーマンを経験できる社会へと舵を切れ。
はじめに 官民合流で「公」を誰が担うのか、コンセンサス作りを
序章 「官民分断社会」から「官民合流社会」へ
第1章 公務員バッシングの背景とその本質
第2章 9時‐5時は都市伝説か―公務員の働き方と仕事の中身
第3章 公務員制度改革の現状、その可能性と限界;
第4章 公務員をコテンパンに批判するほど、民間企業は正しいのか?
第5章 キャリア官僚は華麗なる転身でどこまで収入がアップするか?―芽生えつつある官民合流の事例
第6章 官民ダブルトラック労働市場から、官民統一シングル労働市場を目指して
おわりに プチ内戦を続ける日本の行く末に何を見るのか?
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP