テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
江戸の春画 : それはポルノだったのか
白倉敬彦著
-- 洋泉社 , 2002 , 282p. -- (新書y ; 068)
ISBN : 新<9784896916546> , 旧<4896916549>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
海外で高い評価を受けている日本の春画は、今でも国内ではまったくの「異端」扱いが続いている。
「春画=ポルノ」と誤解され、まっとうな評価さえ受けていない。
こうした現状に疑問を持ち、長年地道な春画研究を続けてきた著者は、実は春画が「遊び絵」「笑い絵」として粋な江戸人の間で受け入れられていたことを鋭く指摘する。
西欧近代の性意識に影響された日本人の「猥褻概念」を排してみれば、そこには名だたる浮世絵師たちが「絵とことば」を駆使して表現する、遊び心を交えた独特な「江戸人の性愛」の世界が見えてくる。
春画はポルノグラフィか?
第1部 性愛の図像学(絵とことばが一体化した世界;なぜ性器を大きく描くのか?;エクスタシーの瞬間へのこだわり;なぜ乳房に無関心なのか?;多彩な性愛のヴァリエーション—色事百般なんでもあり)
第2部 江戸人の性風俗(江戸の女と若衆狂い;性愛を演出する最新ファッション;都市風俗としての“夜這い”;色を売る—江戸の遊里考)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP