テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
若者が「社会的弱者」に転落する
宮本みち子著
-- 洋泉社 , 2002 , 184p. -- (新書y ; 074)
ISBN : 新<9784896916782> , 旧<4896916786>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
就職しない、家を出ない、結婚しない—。
社会に参画するチャンスが永遠に持てない膨大な層を生む元凶は、中高年との膨大な経済・就業格差、自立を促せない親、そして、いま直面している事態を見ようとしない社会の意識だ!
パラサイト・シングル論ではもはや解明できない、フリーターやひきこもりなどの問題に通底する、看過しがたい「危機」の本質を、経済学・社会学・家族心理学の視点から指摘、新たな方向性を示唆する。
1 若者たちは崖っぷちに立っている(「独身貴族」の出現—八〇年代;パラサイト・シングル論—九〇年代 ほか)
2 若者の危機が隠蔽される社会(経済;心理 ほか)
3 家族・親子から「若者の危機」を読む(なぜ子育ては苦労な仕事になってしまったのか;各国レポート「子どもの現在」 ほか)
4 日本の社会に未来はあるのか(長期停滞の時代の若者の選択;若者の没落をふせぐために社会がすべきことは何か)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP