テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
真説・川中島合戦 : 封印された戦国最大の白兵戦
三池純正著
-- 洋泉社 , 2003 , 227p. -- (新書y ; 092)
ISBN : 新<9784896917529> , 旧<4896917529>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
永禄四年(一五六一)の川中島合戦は、史料がほとんどなく、軍記書の『甲陽軍鑑』等が描く内容が定説化してきた。
著者は、同合戦が戦国期の典型的な戦国大名同士の戦いであったとの視点から、川中島の地形・景観の変遷、聖地・善光寺の歴史、城砦の実地調査、軍記書・合戦図屏風の研究、そして信玄・謙信の歴史をたどってきた。
その結果、定説の矛盾に次々と気がつき、闇の中に隠れていた戦いの姿と、両雄がこの土地にこだわった本当の理由が次第に見えてきたのである。
戦国ファン必読の書。
第1部 資史料が語る川中島合戦(軍記書が描く定説「川中島合戦」;知られざる上杉系「川中島合戦」の発見;史料から読み解く川中島合戦の実像)
第2部 陸の信玄・海の謙信(信玄を悩ます「天変地異」の時代;信玄・謙信の「海の争奪戦」;越後の内紛と謙信の苦悩)
第3部 真説・川中島合戦の全貌(聖地・善光寺の争奪戦;信濃守護・信玄vs関東管領・謙信の戦い;最前線の砦・海津城築城;戦国期の川中島の景観を再現する;越後軍「妻女山布陣」への疑問;封印された川中島合戦を推理する;川中島合戦と信玄・謙信の去就)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP