テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
疫病は警告する : 人間の歴史を動かす感染症の魔力
濱田篤郎著
-- 洋泉社 , 2004 , 238p. -- (新書y ; 116)
ISBN : 新<9784896918410> , 旧<489691841X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
われわれは疫病流行の歴史から何を学ぶべきか?
疫病の流行は本当に克服されたのか?
二〇〇三年のSARSの流行を振り返るとき、われわれ人間社会が経験した疫病の縮図を見る思いがする。
天然痘が新大陸の抵抗力のないインディオに瞬時に蔓延したように、SARSも世界中に拡散した。
その恐怖とそれに伴うヒステリックな社会の対応は、中世のペスト、一九世紀のコレラを彷彿とさせる。
またハンセン病やエイズの流行において経験された患者に対する不当な差別も見逃してはならない。
これは決して過去の話や発展途上国の話ではない。
むしろ生態系のアンバランスが進む現代の先進国が直面する課題である。
さて、どうするか。
SARS流行と疫病の魔力
キリストによる奇跡治療の秘密—ハンセン病
「ハーメルンの笛吹き男」に隠された悲劇の予兆—ペスト
幻の薬・グアヤックを求めて—梅毒
征服者たちの秘密兵器—天然痘
伝説のプラントハンター—マラリア
『レ・ミゼラブル』の陰でうごめく悪魔—コレラ
ホームズを滝壷に沈めた病—結核
野口英世事故死説—黄熱
ウィルソン大統領の賭け—インフルエンザ
もう一つのホロコースト—発疹チフス
レーガンを動かしたダブルスキャンダル—エイズ
SF小説『復活の日』との恐るべき近似—SARS
疫病の発する人間社会への警告
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP