テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
援交少女とロリコン男 : ロリコン化する日本社会
円田浩二著
-- 洋泉社, 2006.1 , 206p. -- (新書y ; 147)
ISBN : 新<9784896919851> , 旧<4896919858>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
援助交際のブームはたしかに終わった。
しかし、それはなくなったわけではない。
当たり前のものとして日常の風景に溶け込んだだけである。
自らの性的な商品価値を自覚し、日常的に性を売る少女たち。
そして、その価値を求め、少女を買う男たち。
少女という価値に翻弄される当事者たちへの綿密な取材を通して、気鋭の社会学者が、一九九〇年代以降、日本社会に急速に広まった援助交際とロリコン化の現象を探り、現代社会における性のあり方とコミュニケーションの作法の変容を明らかにする。
第1章 日常化した援助交際(児童買春なのか児童売春なのか;少女売春から援助交際へ ほか)
第2章 なぜ少女は体を売るのか(効率のよいアルバイト;もっと私がかわいかったら… ほか)
第3章 なぜ男は少女を買うのか(援助交際歴一五年の男;なぜ少女でなければならないのか)
第4章 男たちはロリコン化しているのか(ロリコン男が増えている!?;ロリコンは異常か? ほか)
おわりに 現代の少女たちの性をどう考えるべきか(援助交際の日常化とロリコン化が問うもの;道徳で性を規定することはできるか ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP