テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テーマ Theme
アメリカ社会
競争社会、取引の社会、マドンナの国、フェミニズム、民族複合国家、新興宗教の国、豊胸手術流行の国…、超大国アメリカの社会を理解するために、さまざまな視点からアメリカを描写した作品群。
関連書籍を探す
読書ガイド
 アメリカのビジネス社会の理解の糸口には、『競争社会アメリカ : 競争は善、独占は悪』『訴訟社会アメリカ : 企業戦略構築のために』。アメリカの価値観も垣間見える。
『取引の社会 : アメリカの刑事司法』は、司法からアメリカ流合理主義を教える。
 人種の坩堝、多民族国家は、軍事大国、経済大国と並ぶアメリカの顔。『民族から読みとく「アメリカ」』『黒人のアメリカ:誕生の物語』『アジア系アメリカ人 : アメリカの新しい顔』は、"新大陸"移民としてやってきた欧州系、奴隷船で連れられてきたアフリカ系、アメリカのニューフェイス、アジア系それぞれに光をあて、多元的な社会の活力の秘密や問題点を解説する。
『不思議の国アメリカ : 別世界としての五〇州』は統治システムからアメリカの多元性を考える。『アメリカの家族』は結婚や離婚、臓器移植など家族の問題からアメリカを、『マドンナのアメリカ : 自由を手にした女たちの反逆』は、フェミニズムの停滞、拝金主義の蔓延などマドンナが象徴するアメリカを読む。
『宗教からよむ「アメリカ」』は、モルモン、アーミッシュ、ファンダメンタリズムなど、新興宗教の実態からアメリカの姿を描写。『アメリカ病』は、過剰なまでの健康志向、心療内科の隆盛、ペニス拡大手術や女性の豊胸手術の流行、そして"正しさ"への盲信など、常軌を逸しているかに見えるアメリカの姿を分析する。
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP