テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テーマ Theme
不況、デフレ
1991年初頭以来10年以上におよぶ不況は巨額の不良債権、雇用不安を抱えたまま未だ出口を見出していない。デフレ型の世界同時不況による日本経済の停滞、平成不況の特色、再生への道筋など、解決の糸口を探る。
関連書籍を探す
読書ガイド
 平成元年以来の長期不況、デフレ。『平成不況10年史』『平成金融不況』『ポスト不況の日本経済』『複合不況』『国民経済の黄昏』『長期停滞』『平成不況の政治経済学』は、いずれも平成不況がなぜ戦後最大級になったのか、その原因と不況のメカニズムを解読。金融・経済構造、日本型経営など、これまで日本経済を支えてきた社会システムを分析し、長期不況の時代を、どのように理解すればいいのかを考察する。
『「現代デフレ」の経済学』は、平成不況を「現代デフレ」と命名し、その特徴を明らかにする。このデフレは70年前の大恐慌と異なる「創造的破壊」型不況であるとし、政府、企業、家計はどうすればよいのかその方策を探る。『日本経済「暗黙」の共謀者』は、日本銀行がなぜデフレを放置するのか、政府がデフレを続ける理由とは何か、経営者の味方をする御用学者とマスコミの共謀など、この経済破綻の真犯人を分析する。『日本破綻』はこのままデフレを放置すれば制御できないインフレが起きるとし、経済破綻に至るメカニズムを解説し、脱出策を提言する。
『論争・デフレを超える : 31人の提言』は官界、金融界で反響を呼んだ特定会員向け金融情報サービス上の情報を公開。デフレとどう生きるか、円安は救世主になり得るか、インフレターゲットは特効薬かなど、内外31人による論争。
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP