テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テーマ Theme
英国の王室・貴族
千年の伝統を持ち、エリザベス、ビクトリアなどの名女君を輩出した英国王室と、王室の大英帝国を政官軍の指導者として支える一方、贅沢な生活や社交を愉しんだ英国貴族の歴史と生活を解説。
関連書籍を探す
読書ガイド
 イングランドの王室として成立して千年、2度の革命と世界大戦、大英帝国の没落を乗り越え、いまも国民の人気を維持する英国王室と、大英帝国の政官軍を支えてきた英国貴族について。
『英国王室と英国人』は、英国人気質のなかに浮かび上がる王室の過去現在未来を生き生きと描き、新しい時代に変容しつつある王室の現在を解説。『イギリス王室物語』は、「残虐非道」のヘンリー八世、大英帝国の繁栄の礎を築いた処女王エリザベス一世、帝国の絶頂に君臨したビクトリア女王、快楽の王子ジョージ四世など、大英帝国の栄光を築いた強烈な個性を描く。『物語英国の王室:おとぎ話とギリシア悲劇の間』は、スキャンダルにまみれ国王になる資質を疑われている皇太子の登場で、存続が危ぶまれている英王室の役割、権力、王族の姿を。
 日本人にも人気のあったダイアナ妃は英国貴族の令嬢だった。英国貴族とはどんな存在で、どんな暮らしをしているのか。『イギリス貴族』は、宏壮な邸宅で社交、狩猟、スポーツに熱中する空前の豊かな生活を送った活力あるエリートたちの姿を描く。『イギリスの大貴族』は、スウィフトの運命を変えたノーサンバランド公爵家、競馬と政治に名を残すダービー伯爵家、ルネサンス詩人を生んだノーフォーク公爵家の3つの名門の、盛衰の数百年を描く歴史物語。
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP