テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テーマ Theme
苗字
日本には、約30万通りという世界に類を見ない多くの苗字がある。そのルーツや変遷、さらに世界のさまざまな苗字について考える。
関連書籍を探す
読書ガイド
 日本人の苗字は約30万通りもある。お隣の韓国では、道を歩いている人のほとんどが金(キム)さん、李(リまたはイ)さん、朴(パク)さんのいずれかで、全部合わせても250ほどしかないのとは大きな違いである。韓国が異常なのかといえば、さにあらず。中国でも約3500、ヨーロッパをすべて合わせても5万(うち3万はフィンランド)に満たないのだそうだ。30万の苗字を持った民族、これは世界に類例を見ない文化なのである。
 では、どうしてそんなに苗字が多くなってしまったのか。苗字はそもそもどのようにして生まれ、変遷し、現在に至っているのか。どうでもいいような話ではあるが、そういう話こそ面白い。そして、そういう面白い話は、人からはおそらく変人呼ばわりされたであろうはずの鬼才によって、発掘され、調査され、記録されている。
 苗字研究の第一人者は、なんといっても丹羽基二氏であろう。氏は教職の傍ら、日本中に苗字を訪ねて歩き、生涯にわたって膨大な調査・研究の成果を残している。その一端を垣間見せてくれるのが『日本人の苗字:三〇万姓の調査から見えたこと』(光文社新書)である。氏姓(氏は血族集団の名前、姓はその格付け)に始まる古代の苗字の誕生から、歴史を追う。貴族や武家、奴隷や賤民などに苗字が整理されていく奈良・平安朝時代。一旦整理された苗字が嵯峨源氏、清和源氏、平家、橘氏など時代劇でお馴染みの苗字に枝分かれし、さらに、各地に根を下ろした人々によって、田中(田んぼの中)、浦田(海岸の田んぼ)など土地と結びついた新しい苗字が誕生していく鎌倉から戦国時代。貴族と武士以外に苗字を認めなかった江戸時代。徴兵と課税の必要上、戸籍制度を整備するため、それまでの武士階級に通称を禁止し本名のみを名乗ることを強制する一方で、苗字を持たなかった農民ら臣民すべてに苗字を義務付け、多数の新姓が生まれた明治期。そして、小沢と小澤がどちらも「小沢」になるなど、苗字が簡素化、統一化されていく兆しの見える現代。苗字の歴史を詳細に追いつつ、日本の苗字文化の奥行きを教える。
『難読珍読苗字の地図帳』(講談社+α新書)は、タイトル通り、難読珍読の苗字を紹介しながら日本の古代史を垣間見せてくれる、バラエティーに富んだ傑作である。暇つぶしにテレビを見ているよりはよほど面白いし、本書で得た薀蓄で酒場での人気者になれることは請け合いである。一口(イモアライ)さん、六月一日(ウリワリ)さん、才(エダオロシ)さん、十(ツナシ)さん、などなど100を超える実在の珍名の由来を紹介してくれている。フィギュアスケートの村主(スグリ)さんの苗字も登場する。スグリというのは古代朝鮮語で族長を意味する言葉で、そのまま村主の字をあてられたのが始まりで、渡来人だけではなく、日本人の苗字にも採用されるようになったそうだ。
『名前の日本史』(紀田順一郎著、文春新書)も類著である。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を持ち出すまでもなく、ある時期から日本人の名前は姓も名も2文字が多数を占めるようになり現代に至っているのだが、本書を読めば、その訳がわかる。また、義経は九郎と名乗り、忠臣蔵の大石良雄は内蔵助と通称を使ったり、子供に「糞」とか「捨」とかの名前をつけたり、伊藤博文をハクブン、木戸孝允をコウインと音読したり、今でも偉い人のことは、総理とか社長とか部長と呼び、本名で呼びかけることを避けたりする日本の文化の秘密なども解き明かされていく。本書を読むと、日本人というのはつくづく、言葉を大切にしてきた民族であることが分かるのである。
『名字と日本人:先祖からのメッセージ』(武光誠著、文春新書)は、古代の姓から「名字」が生まれてくる過程を、武家支配と「家」の誕生という中世の日本史に光をあてつつ詳述する。
 テーマとは少し離れるが、参考図書として、いくつか紹介しておく。
『名前のおもしろ事典』(野口卓著、文春新書)は、名前に関する豆知識満載の本。世界に眼を向ければ、世界の姓と名を訪ねて歩く『人名の世界史:由来を知れば文化がわかる』(辻原康夫著、平凡社新書)、カラヤン、シャガール、ケネディ(醜い顔)、キャメロン(曲がった鼻)など世界の人名に秘められた謎を解き明かす『人名の世界地図』(21世紀研究会編、文春新書)がある。
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP